不快なわきがはこうして防ぐ!正しいお手入れを実践しよう!

わきがの特徴と発症の原因

わきがは主にわきから発生する特有の悪臭を指します。わきがは汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌された体液が表皮や体毛に付着している雑菌に分解されることで発生します。そのため、通常の汗臭さとは異なり季節や発汗量に関係無く不快な臭気に見舞われるのが大きな特徴です。また、わきがの発生源であるアポクリン腺の分泌液は衣類の生地に黄色い染みを形成するのも通常の汗とは異なる特徴の一つです。わきがは放置すると不快な悪臭に悩まされる他、衣類が傷む原因にもなるので速やかな対処が必要になります。アポクリン腺の分泌量は疲労やストレスなどで体調が変化すると多くなる傾向があります。特に若い人は新陳代謝が活発なので悪臭が強くなりやすく、体液の分泌量も増えてしまいます。

わきがの臭気を手軽に解消する工夫

わきがを防ぐためには体液を分泌するアポクリン腺を除去するのが最も効果的ですが、大掛かりな外科手術が必要です。体への負担が大きく、患部に手術痕が残ってしまう問題があります。そのため、わきがの症状が軽い人は対象の部位を常に清潔に保って悪臭の発生を未然に防ぐ処置を施すのが無難な対処法です。わきが特有の臭気はアポクリン腺の分泌液が雑菌に分解される過程で発生するので、常に表皮や体毛を綺麗に保って雑菌の繁殖を防ぐのが効果的です。また、制汗スプレーなどの衛生用品を使って体液の分泌を抑える方法もありますが、薬剤の使用は個人の体質によってはかぶれや痒みなどの不具合に見舞われるので慎重に判断します。疲労やストレスを溜めないように健やかな暮らしを営むのも体液の分泌量を減らす工夫の一つです。

わきがは脇の臭いがきつくなってしまうことです。気になる人はお風呂でしっかり洗ったり、スプレーを使ったりして対策をしなければなりません。