永久脱毛をするために覚えておきたい2つのポイント

永久脱毛の定義を覚えておこう

夏になると手足はもちろん、両わきやVラインなどが人目に付きやすくなるため、永久脱毛にチャレンジしたいと考える女性が多くなってきます。ですが、永久脱毛は一生ムダ毛が生えてこないという状態ではありません。永久脱毛には、れっきとした定義があるので把握しておくことが大切です。永久脱毛の定義は米国電気脱毛協会が定めていて、ムダ毛の処理が完了してから1か月後の時点で、ムダ毛の再生率が20%以下の状態を指しています。多くのエステサロンや美容クリニックの脱毛施術では、まったくムダ毛が生えない状態にすることはできないので、覚えておきましょう。

徹底的にムダ毛をケアしたいなら、レーザー脱毛

ムダ毛を完全に生えなくすることはできませんが、それに近い状態にすることは可能です。ムダ毛を処理する方法は数多くありますが、中でもレーザー脱毛は永久脱毛に近い効果を期待できると言われています。これは、レーザー脱毛はムダ毛に対する除毛効果が非常に高いことが要因です。特にムダ毛が濃い両わきやVIOラインは効果が得られやすいので、これらの部位を綺麗にしたい人はチャレンジしてみましょう。ただし、レーザー脱毛は効果が高い分、痛みも強くなっています。肌が弱い人の場合、炎症や乾燥も強くあらわれる傾向にあるので注意しましょう。また、日焼けをして肌色が濃くなっていると、肌を痛める可能性も強まります。この場合、美白ケアを意識して行い、日焼けが落ち着いてから脱毛を進めるのがおすすめです。

全身脱毛の施術に挑戦をする際には、特にムダ毛の多い箇所を重点的にケアすることや、施術の回数に注目をすることが大切です。